療養中につき。

悪性リンパ腫になっちゃいまして、療養中です。

リツキサンの維持療法

去年の8月から、リツキサンの維持療法を受けています。

2016年

8月、10月、12月

2017年

2月、5月、9月

と6回の治療を受けました。

1月から始めた糖質制限とヴィタミンサプリ

ヴィタミンは現在はÇを一日4g×3

ヴィタミンBコンプlレックス50×2

ヴィタミンBベンフォチアミン1カプセル

ヴィタミンE400×2

MTCオイル、オリーブオイル、ココナッツオイル、バター、合計で30g

その他に

ミネラル

とまあ、だいたいこんな感じでしょうか。

糖質制限は、体重が落ちまして・・1月から7キロマイナスです。

これ以上落としたくないので、朝だけ納豆ご飯で、ご飯を一口?お茶碗に5分の1くらい食べてます(笑)

時々週末は友人と食事したりするので、その際はピザやハンバーガーなど食べてしまうのは、まあ、よしとしています。

 

3月から、プロポリスBIO30一日5mlを続けています。

プロポリスは激マズですが、オイルに混ぜてとります。

単体では吸収しにくいらしいです。

 

そんな状態で、普通の日常を送れる体調を維持しています。

9月の検査ではヘモグロビンは11で、少し下がっていたのですが体調はまあまあ。

しかし、ビリルビン数値が少し上がっていたことで引き続き溶血は起きているらしいということでした。網赤血球も数も多いので、やはり癌細胞は居座っていて、赤血球を壊されたので、せっせとつくっているんですね。

 

リツキサンの維持療法は保険で認められているのは2年です。

2年過ぎたら、保険ではつかえないとうことですね。

このまま、ずっと続けていたら2年後、リツキサンを使えなくなった時に、また癌細胞が復活して、状態が悪化する可能性は大きいのですが・・・。

それを見越して、来年1月からは、やはりベンダムスチンを使いましょう。

と先生に言われました。

ベンダムスチンが,もし効かなかったらどうするんだろうな????

その可能性もあるんじゃないかな???

そんなことを考えると少し不安になりますが、とにかく何が効くのかわからないわけで・・。

 

とりあえずは、次の12月の検査までには、自力での癌細胞攻撃は続けて頑張ろうと思います。

自分のできることをやって、後は先生にも助けてもらいつつ、元気に毎日を送ろうと思います。

 

筋トレと糖質制限

さて、1月後半から始めた糖質制限ですが、今回は続いています。

たまに、友人と食事に行くとピザやパスタ、お蕎麦・・・・スイーツ・・

食べてますが。それ以外は、しっかり炭水化物、糖質、根菜類、除いています。

 

もう半年以上になりますが、困ったことがひとつ!

痩せるのが止まらない・・・・。

ダイエットで痩せたい人には・・ほんとうに申し訳ない悩みですが、1月には55㎏あった体重が47kg。

これくらいが、ベストな気がするので、これ以上は痩せたくない!!

というわけで、筋肉をつけるべく、筋トレを始めました。

そして、牛乳にきな粉を入れて飲む!!

ジムに通う事も考えましたが、行く時間がもったいないので、自宅で足に重りをつけて筋トレしてます。

後は、腹筋とインナーマッスルのトレーニング。

幸い、仕事柄、ヨガやピラティスリハビリテーションの知識があるので自力でやってます。

 

1週間ほどで、1㎏、戻ってきました。

糖質制限の最中には筋トレするのも効果的らしいです。

しかし、高蛋白質を心がけないと、筋肉は増えません。

牛乳ときな粉・・・おすすめです!

プロテインには糖質が含まれているのもあり、しかも値段が高いのですよ。

 

最初のうちは豆乳を飲んでいたのですが、イソフラボン…多すぎると、炎症がおきやすくなります。これは自分で体験したことなので、個人的な意見です。

豆乳も大量に飲まなければ大丈夫だと思います。

 

糖質制限には、やはりビタミン摂取は必須だと思います。

糖質をとらずにビタミンを摂取するためには、やはりサプリメントでとるしかないです。

エスターC 500mg(おなかにやさしい高吸収型ビタミンC)[海外直送品]

 

PET-CTの結果は?

試験勉強のように、頑張りました!(笑)

さて、先日のPET -CTの結果を聞きに行きました。

 

原発巣と思われる頚部リンパ節にあった、黒い影はきれいにすっかり消えていました。

残念ながら、クームス試験の抗体はいまだに(+)

癌細胞はまだ体の中に残っている。

でも、数が減ったのか、増えたのかは、検査ではわからないのです。

 

とりあえずは黒い影が無くなって、ちょっとホッとした気分です。

体調も悪くないし、溶血を示すハプトグロビンの数値は10→48と大きく改善。

 

先生の所見では、よくなってるんじゃない?

という事でした。

 

予定していたベンダムスチンの治療は先延ばしにして、もう少し様子を見ることになりました。

このまま溶血が進まずに、ヘモグロビンも下がらなければ、

しばらくは、残っている癌細胞とも共存していけそうです。

 

もっとも、ベンダムスチンをやったからといって、癌細胞が無くなるかどうかも不明。

抗がん剤が効きにくいタイプなので、少しでも安定した状態が続くといいなと考えています。

 

ビタミン、糖質制限、ともに体調も良くなり、数値も改善しているので

気長に続けようと思います。

 

とりあえず、3カ月に一度のリツキサン治療は続けることにしました。

 

プロポリスBIO30に関しては、もう少し続けてみようかとは思っていますが

かなり強い感じはするので、飲む抗がん剤的。

あまり長くは続けたくないかな・・・・。

体験した人の中には半年も飲み続けて治したかたもいらっしゃるようですが、

これに関しては、副作用など、まだまだ不明な点もあるので、体調を見ながらと思っています。

血液検査の結果

1カ月、スーパーケトジェニック、ビタミン療法を続けた結果が出ました。

顕著な変化があらわれたのは

まず乳酸脱水素酵素LDH)とアルカリホスファターゼ(ALP)

      12月検査時、2月検査時

LDH    281     193

ALP    304     289

で、どちらも数値がかなり下がっています。

この数字が直接癌細胞の減少なのかどうか判断することはできません。

 

血液内容ではかなり数値が変化しました。

白血球数  3.3     4.5

ヘモグロビン13.5    14.6

ヘマトクリット39.8   42.2

血小板   137     161

 

この辺りは血液が濃くなった印象です。

また網赤血球 網血小板 共にそれぞれ1.9→1.5  4.1→3.7

と減少しています。これは出来立てのやつが減ったという事で、そのぶん成熟したのもが増えたのでしょうね。

 

ガンマグロブリンigM、インターロイキン2レセプターもそれぞれ減少

溶血の度合いがいくらか減っているという事でしょう。

 

しかし~~!!

クームスの抗体検査ではやはり(+)結果

溶血を示すハプトグロビンも10という変わらない数値

 

癌殲滅という結果にはなりませんでした。

模試の判定で言うと

努力の結果は見えますが残念ながら合格率はCまたはD

もう一息です!

合格目指してがんばりましょう!!!!

 

というところでしょうか。

 

残念ながら、いろんな数値の変化に先生は無関心(笑)

 

4月にPET -CTの検査をしたのち、結果をみて、いよいよベンダムスチンの治療にはいりましょう。ということになりました。

 

次の全国模試(笑) ならぬ4月の検査までに頑張る!!!

本日よりビタミンCを一日15gから倍の30gに増やすことにしました。

錠剤で15gとっていたのですが、後の15gはアスコルビン酸カルシウムの粉末で

とることにしたものの、超まずい!!!!水にとかして飲みます(涙)

 

そして、ダメ押しのプロプリスBIO30も注文しました。

これは、1日5ml・・・25mlで3200円なので

1か月分・・・なんと6本 19200円なり!

・・・・・

高いけど試してみます。

4月まで頑張って

だめでも、

抗がん剤治療しながら、VKT (ビタミン、ケトン療法は続けようと思います)

 

癌の新しい治療法

近赤外線による癌治療の記事をよみました。

とても期待ができる内容だと思います。

手術も副作用もなく、癌が治せる日は、もうすぐそこまで来ているのかも。

www.mugendai-web.jp

糖質制限生活10日目

今日でめでたく10日目を迎えました。

さすがに、今日はゼンザイがたべた~~い!!!

と叫びました。

昨日ヴィタミンEが届いたので、飲み始めています。

サプリは今のところ

ヴィタミンC 1000㎎を1日4回

ベンフォチアミン、V.B、コエンザイムQ10 総合 1カプセル

そしてヴィタミンE αトコフェロール  800iu

 

をとっています。

亜麻仁油は30g程度

 

そんなところかな。

美味しく料理を作って食べています。

 

とりあえず、次の血液検査日まではくじけずにがんばりたいです。

 

パワーの源

このブログでは、自分の日常のことをあまり書いていませんが、

今日は気仙沼から来た友人にあったので、心の話を少し(笑)

 

東日本大震災の後、何度か被災地の気仙沼にお邪魔しました。

正直に言うと、あまり進んで行ったわけではなく、友人につれて行ってもらったというていたらく。

東日本大震災は、とてもショックなできごとだったので、被災地に行く勇気がなかったというのが本当のところです。

そんな受け身で訪れたわけですが、その地で私が得たものはとても大きかったのでした。

被災された方たちのお話はとても悲しく辛いものでしたが、実際に経験した身でなくては、本当の心のありどころはわからないのだと思います。

それでも、お話を聞いただけで心が痛み、何もない、失われてしまった空間はまるで荒廃した他の惑星の大地のようで、その大きさに呆然と、ただ涙がとめどなく流れてしまうのでした。

突然に失われてしまった日常、家族、大切な思い出、見慣れた風景。

その大きさは、信じられないくらいで、あの風景を思いだすたびに涙が出てしまいます。

人はそんな途方に暮れるような絶望に出会った時、いったいどうしたらいいのでしょう。

その答えを私は被災地の人たちから教えてもらいました。

支援に行くつもりが、逆にたくさんのものをいただいてしまったのです。

ゼロになっても、マイナスになっても、そこからまた、歩き出す。

それが生きているものの定めなのだと。

 

あの、何もない大地の悲しい叫びが、私のパワーの源になっていると・・そんな風に言うのはおこがましいかもしれません。

でも、確実にあそこに行って感じた事が自分の今の根っこになっているのだと思います。

どんな事があっても、歩き続ける。生きていくために。

人間とは、とても強いものでもあるのだと思います。

とりあえず、今生きていることに感謝なんだな~~って。

病気であれ、どんな状況であれ、生きていることに感謝できるように。

忘れないように。

ときどき・・・・

自分に言い聞かせています。